Galaxy S10をS8と比較しながらレビューするよ(カメラ編)

http://p-plex.com/p-plex/wp-content/uploads/2019/06/image2.jpg
助手

(仮)編集長! お小遣い貯めてGalaxy S10購入しちゃいました。

http://p-plex.com/p-plex/wp-content/uploads/2019/06/iwa.jpg
いわ

でかした! ちょうどS8を私が持っているので、比較しながらさっそく記事にしよう。でも、助手さんはなんでS10+にしなかったの?人気はやはりS10+の方でしょ。

http://p-plex.com/p-plex/wp-content/uploads/2019/07/odoroki.jpg
助手

S10の大きさならジーンズの前ポケットやYシャツの胸ポケットに入るからですよ。スマホ依存度98%の私にとってすぐにスマホを操作できることは必須ですから。サイズが一回り大きくなってしまうS10+だと困っちゃうんです。しかも、私は、ゲームもしないし。

http://p-plex.com/p-plex/wp-content/uploads/2019/06/iwa.jpg
いわ

なるほど。ぎりぎりコンパクトサイズと呼べる大きさなんだな。

政治家の介入で、通信料はそれほど安くなってないのに、端末代だけ高くなりすぎた今日この頃、ガジェット好きには、冬の時代といってもいいでしょう。そんな冬の時代ですが、思うところがあって、ドコモ版のGalaxy S10を自腹購入しました。これまで使っていたS8と比較しながらS10のカメラを中心にレビューをお届けします。

Galaxy S10はアウトカメラが3台になった

S8 は、アウトカメラがシングル(1つ)ですが、S10は3つ(トリプル)になりました。アウトカメラだけ比較すると下のようになります。

アウトカメラについては、S10+と同じ仕様になっているところもうれしいところ。カメラが同じだと後は自分にが必要とする大きさで機種を選べばいいだけですものね。

3つのカメラで撮影してみた

3つのカメラのうち、やはり注目は新しく搭載された視野角123°、16MPのウルトラワイドレンズを搭載した超広角カメラでしょう。人間の目と同程度の視野角ということで見たままの景色を写真に残すことができます。ちなみに同じ場所から3つのカメラでそれぞれ撮影てみました。見比べると超広角の視野がどれだけ広いかということがよくわかっていただけるのではないでしょうか。

S10 超広角(×0.5)
S10 広角(×1.0)
S10 望遠(×2.0)

ちなみにシングルカメラのS8で撮影したものはこちら。

S8

3つのカメラの切り替え方法

3つのカメラの切り替えは、撮影時に選択する方法と画面を2本の指で挟む(ピンチイン)と現れるスライダーを使う方法があります。とくにスライダーを使う方法はズームインとアウトが連続的に操作でき、カメラが切り替わっても気づかないほどです。

メインはやはり広角カメラ

メインとして使うことが多い広角カメラですが、こちらもS8と比較すると大きく進歩しています。周りの明るさを検知してF1.5かF2.4を自動で選択して撮影します。(プロモードにするとF値を選択することもできます)ですから、明るい場所でも暗い場所でも、鮮明な写真を撮影することができます。2機種でちょっと暗めの場所で撮影してみました。左がS10、右がS8です。こうしてみると結構違いがわかりますね。

『超広角カメラが付いているから』が購入理由になるS10

旅先ですてきな景色を見つけてスマホで撮影しても思っていたとおりの絵にならないことが多いですよね。それは、人間の目の視野角に比べてスマホの視野角が小さいからです。Galaxy S10は、3つのアウトカメラを搭載し、その1つが超広角カメラです。インスタや旅行先の様子をブログに乗せる人には超広角カメラがあるというだけで購入する理由になります。

じつは、私もその一人。旅先でS8で撮影しているともっとカメラが広角だといいのにと感じていました。実際、3つのカメラはとても使い勝手が良く、手放せないアイテムの1つになりました。

超広角カメラならみたままの軽視をそのまま記録することができます

この超広角カメラにはもう一つ優れたところがあります。S10 は、パノラマ撮影時に超広角カメラと広角カメラを選択できます。この超広角カメラはパノラマ撮影ですごい威力を発揮するのです。S8でパノラマ撮影をすると無駄に横に長い映像となってしまい正直見られるものではありません。でも、超広角カメラでパノラマ撮影するとわずかなスパンで撮影ができるため無駄に横に長くなりません。

さて、超広角カメラでの撮影と聞くと「ひずみ」が気になる方もいるのではないでしょうか。Galaxy S10(もちろんプラスにも)には、設定で超広角形状補正があり、これをONにすることでひずみを補正できます。

どれくらいこの機能で補正できるのか比べてみましょう。

こちらは補正有り
こちらは補正無し
こちらは補正有り
こちらは補正無し

素人の私にはどこがどう補正されたのかよくわかりません。わからないなら、補正機能は常時ONで良いのでしょう。

以上、スマホの買い換えを検討している人にもお勧めできるGalaxy S10のお話でした。

【新品未使用】【simロック解除】SAMSUNG Galaxy S10 SCV41 プリズムブルー  SAMSUNG Galaxy S10 スマホ 本体
created by Rinker